2020年ノーベル化学賞は「ゲノム編集技術」に決定!

ゲノム編集技術である「CRISPR/Cas9」を開発したアメリカのカリフォルニア大学バークレー校のジェニファー・ダウドナ教授と、ドイツのマックスプランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ所長が、2020年ノーベル化学賞を受賞されました。おめでとうございます!


 弊社では、今年3月にアメリカ合衆国サンフランシスコにて、ジェニファー・ダウドナ教授と面談し、研究開発及び事業展開に関するアドバイスを頂きました。また、弊社が持つ特許や技術力を高くご評価頂きました。ジェニファー・ダウドナ教授のアドバイスを活かし、ゲノム編集技術等を用いた更なる研究開発と事業展開を進めます。


以下、ジェニファー・・ダウドナ教授の著書とサインです。



Professor Jennifer Doudna of the University of California, Berkeley, USA, and Emmanuelle Charpentier, Director of the Max Planck Institute for Infection Biology in Germany who developed the genome editing technology CRISPR/Cas9, has been awarded the 2020 Nobel Prize in Chemistry. Congratulations!


 In March of this year, we met with Professor Jennifer Doudna in San Francisco, United States of America, where she gave us advice on research and development and business development. Professor Doudna was very impressed with our patents and technology. We will take advantage of Professor Jennifer Doudna's advice and proceed with further research and development and business development using genome editing and other technologies.


Avobe are the book and signature of Prof. Jennifer Doudna.

© 2020 Blue Industries Inc.

  • Black Facebook Icon
  • Black LinkedIn Icon